今年もいよいよ夏本番。皆様はいかがお過ごしでしょうか?
筆者はと言うと最近、両国のとある和菓子店の夏季限定の「水ようかん」が非常に気になっております。
さて、今回は少し切り口を変えて『夏バテと睡眠』についてまとめてみました。
睡眠はヒトの一日の時間の多くを占めています。睡眠方法を改善し、夏に負けない身体をつくりましょう!

~そもそも夏バテって何?~
夏の盛りに、暑さのために食欲が減退したり、冷たい水分の摂りすぎで体調をくずしてしまったり、
内臓の機能が低下してしまうなどの症状の総称。暑気中り(しょきあたり)、暑さ負け、夏負けと呼ばれることもあります。
そして夏バテの原因は、暑さよりむしろ湿度なのだとか。
“暑さで汗をかくと皮膚がベタつき、この不快さが自律神経に影響、内臓器官のはたらきを低下させ、
胃腸が活発に働かなくなり、食欲減退に至る。これに暑い夜の「眠れない」が重なり、
次第に体力が落ち元気がなくなる”
との事。汗のかきっぱなしも身体には良くないということが分かりますね!

~注意!夏バテになりやすい人の特徴~

≪クーラー大好き!≫
「温度差は大敵」です!
涼しい環境から暑い環境へ移動すると、身体はその気温に順応しようと頑張ります。しかし温度差が大きいと身体への負担が大きくなります。

≪冷たい飲み物大好き!≫
「胃腸の冷えは大敵」です!
胃腸が働きやすい温度は36℃程度です。しかし冷たい飲料水をたくさん飲むと、胃腸の負担が大きくなり、その機能が低下します。

≪ごろごろ大好き!≫
「不活動は大敵」です!
ごろごろと、運動不足の生活を続けると、筋肉や身体の各器官の機能が低下します。そのため、夏の暑さに対抗する防衛体力が低下します。

≪夜更かし大好き!≫
「睡眠不足は大敵」です!私たちは寝ている間に疲労を回復します。しかし睡眠不足では回復時間が少なくなるため、身体のバランスを崩しやすくなります。

~ぐっすり眠ろう!快眠のポイント~
真夏にぐっすり眠るためには、まず快適な室温が必要になります。クーラーを使用する場合は28度ぐらいが丁度良いそうです。睡眠中は体温が下がるので、寝始めにちょっと暑いと感じるくらいが丁度良いとのこと。扇風機を使うのも◎。
注意する点は、どちらの場合も冷風が身体に直接あたるのを避けること。
一晩中冷風に当たり続けると身体の表面の熱が奪われ、身体は体温をキープするためにフル回転することになります。
これでは返って身体を疲れさせることになってしまいます。
クーラーはオフタイマーを使い、風向きを天井に向け、扇風機は首を振るように設定して使うようにすると良いでしょう。
また、固めの布団やマットで背骨を伸ばして眠るようにした方が身体が休まります。
寝室の環境を整えるだけでなく、身体を眠りに入りやすいように調節することも必要です。
夏の入浴はシャワーになりがちですが、暑さで火照った身体を冷ましリラックスするためには、
ぬるめのお風呂にゆったりと入る方が良いようです。さらにリラックス効果のあるラベンダーの入浴剤を使えば効果的です。